東濃 中津川の方言

お国訛りはお国の手形
お国訛りはお国の手形

東濃 中津川の方言

東濃や中津川で使われる方言の意味と使い方を一覧表にしました。

単語意味使い方
あじない不味い食べ物の味が不味いこと、味が薄いこと
あくとかかとあくとがガサガサ
あかんダメそんなことしたらあかんにぃ
あっちべたあちら側あっちべたに置きやぁ
あらへん無いそんなことあらへん
あれんたあの人たちあれんた、いつ来る
あんばようしっかりあんばよう やりな
あんじゃない心配ない(大丈夫)安心だ
あんたんた~あなたたちあんたんた~何しとる?
いきる蒸し蒸しと湿気があって暑いこと今日はいきるね(蒸し蒸しする)
いんねいいえ(否定)いんね
えーて、えーて良いよ、良いよこれどうぞ!とお土産を渡されて(気を使わなくても良いのに)というときに使う、えーてえーて(でも もらうw)
おうじょうこく大変、難儀子どもが やんちゃするもんで おうじょうこいたわ~
怒れてくる(おこれてくる)腹が立つ旦那に怒(おこ)れてきて仕方がない
おぼわる覚える暗記するのに やっと(とても)時間が、かかったけど、やっと(ようやく)おぼわったわ~
おっさま和尚様おっさま来(こ)られた
おんしお前(御主)おんし、どこ行っとった
(あなたはどこに行っていましたか)
かう鍵をかける鍵をかう、出かける前に鍵かったか?(かけた
かしわ鶏肉かしわ買ってくるわ
かど家の外荷物 かどに置いとくね
からかすしまくる本を読みっからかす。(読みまくる)
かんかないどうしようもない、しかたのないうちの子、悪うて かんかない
かんこうする考えておくかんこうしとくわ
きくな春菊鍋に きくな 入れると美味しい
きんのう昨日きんのう(昨日)までやったに
~げな~したそうだ(噂話などで使う)
くろのほう隅っこのことくろのほうにゴミが溜まっとる
こっちべたこちら側こちら側
こないだこの前こないだ(この前)配った資料を持ってくるように
ごんぼ牛蒡(ごぼう)
ごがわく腹が立つごがわいてしゃーない(腹が立って仕方がない)
こわす両替するお金をこわす
こくつく嘘こく
机をつる机を移動する机つっといて(吊り下げてという意味ではない)
ざいしょ実家ざいしょのおっかぁ(お母様は)元気かね?
~しんと~しないと勉強しんとダメやに(勉強しないとダメよ)
じんあのじんは、どこのじんやら(あの人はどこの人?)
しいれしつけしいれが良いね(しつけが良い)
さわいで急いでさわいで来(こ)んでもいい
すやくる雑、イイカゲンあいつはすやくるヤツや(適当な仕事をする奴だ)
そうましい散らかっている家ん中 そうましいよ(散らかっているよ)
そうやらそうでしょう?~だよね?東濃はそうやら、飛騨はそうやろ。
たるい悲しい、残念、悔しい
だだくさずぼら、粗雑食べ物をだだくさにしたらあかんに(食べ物を粗末にしたらいけないよ)
だまくらかすだます、だまされたあの人に、だまくらかされた
ちょびつくふざけるちょびついたらあかんに(ふざけていたらダメ)子どもを叱るときに使うことが多い
でんがる転ぶそんなにさわいで(慌てて)歩くとでんがるよ(転ぶ)
どべ最下位マラソン大会 どべ(ビリ)やった
どべけつ最下位どべの最上級w びりっけつともいう。
どさない大丈夫小雨だで傘持ってかんでもどさない
にすい弱い(鈍い)
のーて失くしたのーて、のうなったは同じ意味
のうなった失くしたスマホのうなった(どこにあるか分からない状態)
のーなってまうなくなってしまうガソリンスタンドがのうなってまう
のんのんさま仏様のんのんさま
ひね古い
ひね鶏(ひね肉)卵を産み尽くしたメス鶏の意味(→すごく美味しい)
ほうかる捨てる
ほんなことあらすかそんなことはないでしょうほんなことあらすか
~まったしてしまったやらかした(意味)
やってまったわ~
まるけ~だらけ泥まるけ(泥だらけ)
まわし準備(用意)仕事のまわしをする、旅行のまわしをする
やくとわざとやくとやったやない(わざとじゃない)
やっとかめやなもお久しぶりやっとかめやなも、やっとかめやにぃ
やっととってもやっと時間がかかったわ
やら?○○でしょう?行ってきたんやら?
~やもんで(だったので)接続詞
よばる呼びに行く(迎いに行く)○○ちゃんの家 呼ばってくわ
ようさりようさり(夜)遅くにすみません。

飛騨弁とも岐阜弁とも違う東濃地方の方言

結婚するまでの26年間を飛騨高山出身で暮らし、新婚生活の1年間を下呂温泉で暮らし、25年間中津川市加子母で暮らしていますが同じ岐阜県でも言葉は微妙に違うんですね。

西ちゃん

私が使ってる言葉は飛騨弁60の東濃弁40ってかんじかな。

加子母や付知のヒノキは、木曽川の川流しで尾張藩に運ばれた

現在住んでいる中津川市加子母は、飛騨地方の下呂に近いため、加子母弁は「飛騨弁」に似ているといわれますが、ネイテイブ飛騨弁の私からすると、飛騨弁と東濃弁は、全く別物です。

尾張藩の「やっとかめやなも」を連呼する東濃弁

私が、中津川市加子母に嫁いできた頃、近所のお婆さまがたは挨拶に「やっとかめやなも~~」「○○なも~~」を連発しており非常に驚いた記憶があります。

今は名古屋に住んでいても「ひさしぶりだがや」とか「やっとかめやなも」を使う人は少ないみたいですし大々的に名古屋弁を使っているのは、河上たかし市長(愛知県名古屋市出身)ぐらいのものです。

語尾に「~なも」を付けるのは、尾張地方の丁寧なことば

ちなみにですが「やっとかめ」は漢字で書くと【八十日目やっとかめ

語尾に「なも」を付けるのは丁寧な尾張地方の言葉ですが今では、生粋の名古屋人ですら使っていません。でもお婆さま方は「○○~なも」を連呼しておられました。

尾張藩の領地だった加子母や付知

旧(福岡町、付知町・加子母村・坂下町・川上村、蛭川村)など恵北地方と呼ばれる一帯は平成に入り中津川市と合併しました。

もともと加子母や付知、川上などは尾張藩の領地だったので尾張地方の言葉が方言に混じっている理由なんだろうなと推測しています。

木曽路(写真は寝覚の床)も尾張藩の領地だった

江戸時代は木曽五木と呼ばれる「ヒノキ」「サワラ」「アスナロ」「コウヤマキ」「ネズコ」の木は、勝手に伐採することなど許されず「檜(ひのき)一本首一つ、木一本、首一つ。枝一本、腕一本」といわれる程厳しい管理下におかれていた時代を経て今の東濃地方があります。

昔の歴史を紐解くと、同じ岐阜県でもまったく違う言葉を使い方言もイントネーションも変わります。時代の背景を探りながら調べてみると興味深いものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。