ファンファーミングのイチゴ狩り【中津川市 加子母】

加子母 いちご狩り
加子母 いちご狩り




子どもが小さい頃行った以来20年ぶりとなる「いちご狩り」を楽しんできました。

開催日については、ホームページに掲載されているので予約状況を見て電話で予約申し込みをします。

西ちゃん

中津川市加子母でイチゴ狩りが出来るなんて!

かしも花市場(ファンファーミング)で受付

かしも花市場は、国道257号線沿いにある花屋さんです。隣のかしも産直市では地元の美味しいものを販売しています。

かしも花市場
かしも花市場

かしも花市場のファンファーミングで受付をしてお金を支払います。料金設定は、こんなかんじ。

料金について(令和3年4月現在)

【30分食べ放題】

大人(中学生以上)1800円

子ども(小学生)1600円

小学生未満1300円

乳幼児無料

イチゴ狩りのハウスへ

かしも花市場からハウスまで向かいます。車を停めてイチゴ狩りのできるハウスまで歩きます。

いちご狩りのハウスへ

かしも花市場の前にも車が停められますしイチゴ狩りのハウスの前も車が停められます。

4~5台は停められるのでサクっと車でむかいましょう♪ハウスに到着するとお兄さんは、ハウスの前で品種の説明をして、練乳とパック(へたをいれる)を渡されます。

イチゴ畑を前に説明は上の空で食べる気まんまんの私たち。一通り説明が終わるとイチゴ狩りがスタートします。

「それでは今から30分後に来ます!」とハウスをあとにするお兄さん。心のゴングが鳴ると同時にイチゴ狩りに夢中になる私たち。

隣のうねのイチゴが赤く見えるみたいっていうw。今回大人ばかりでイチゴ狩りに行きましたが「子どもに邪魔されずイチゴをひたすら食べるって、贅沢な時間に思えました。

イチゴの品種

ファンファーミングのイチゴの品種は、全部で4種類。しかし今回ハウスが解放されていたのは章姫。かおり野、よつぼしの3種類でした。時期によっては、食べれる品種が変わるようなので予約をされるとき確認すると良いと思います。

  1. 章姫・・糖度が高いイチゴ
  2. 紅ほっぺ・・甘酸っぱい
  3. かおり野・・桃のように香りが良いさっぱりした味
  4. よつぼし・・小粒で甘さの酸味のバランスが良い

糖度が高く酸味が少ない「章姫」(あきひめ)

最初に食べたのは一番手前のハウスの「章姫」。最初のハウスで午後からの予約だったせいか若干あ赤く実ったイチゴが少ないように見えました。色づいたイチゴを見つけるとテンションが上がります。

章姫のハウス

章姫(あきひめ)は、縦長の円錐形をしているので大粒のイチゴは手のひらに載せてもズッシリ大きくて重いです。大粒を手にすると幸せな気持ちになります。

時間制限があるのでゆっくりもしていられないのですが緑と赤と白のコントラストはキレイなので食べながら写真は撮っておきたいですよね。笑。

章姫
章姫

お兄さんが説明している間にイチゴの写真撮っておけば良かったです。笑。

口に入れると甘くて幸せな気持ちになる章姫。練乳をたっぷりつけて食べたくなりますが、そのまま食べて甘味を堪能♪甘さがあり酸味が少なく赤く色づいていなくても甘みが感じられる品種なんですよね。

ほんのり色づいていたら迷わず口に入れましょう。まっ赤いほうが雰囲気がでますけど。

静岡で生まれた「久能早生」と「女峰」の交配で生まれた品種、「章姫」。人気があるのもうなづけます。

果実が大きく爽やかな甘さの「かおり野」

かおり野
かおり野

三重で作られた「かおり野」、果実が大きくて酸味は少なく爽やかな甘さが人気の品種です。口に入れた瞬間爽やかな香りが鼻を抜けていきます。

形は円錐形で果肉部分は真っ白。口に入れた瞬間はジューシー♪

30分の時間制限があるので4人とも喋りながらも採って食べまくっています。笑。

西ちゃん

私は、喋って採って!撮って!食べて!だったのでみんなより大忙しだったよ。

時間制限があるので必死で食べる
時間制限があるので必死で食べる

爽やかな甘さがある品種で隣の章姫より粒が大きくて4人で「粒が大きくて得した気分!!」「粒が大きいからテンション上がる」と大盛り上がりでした。

かおり野
かおり野

かおり野は、リナロールと呼ばれる香気成分を多く含んだ品種で、「女峰」「アイベリー」「とよのか」「宝交早生」「章姫」「あかしゃのみつこ」「とちおとめ」「サンチーゴ」などの交配を繰り返しで作られた品種だそうです。

風味、甘み、酸味が揃った「よつぼし」

風味、甘み、酸味のバランスが良かったのが「よつぼし」

よつぼしは、かおり野の系統を受け継ぐ三重母本1号を母に父は「さちのか」、「とちおとめ」の交配で生まれた品種です。

いちご狩り(よつぼし)
いちご狩り(よつぼし)

円錐形の果実で風味、甘み、酸味のバランスがとれており一番美味しく感じました。

よつぼし
よつぼし

よつぼしは4機関が共同開発したことが名前の由来で個人的には一番自分好みの味でした。最初は4人とも同じハウスで食べていましたが2巡目からは自分の好きなハウスに行き各々イチゴ食べ放題を楽しみました。

私は30分のあいだに、章姫→かおり野→よつぼし・・2巡目は章姫→かおり野→最後に「よつぼし」でシメるつもりでいましたが残念ながらタイムオーバーでした。

1巡目でお腹がタプタプで「お腹いっぱいもう食べれない」と言いながら2巡目も普通に行く4人。笑。今回3種類のイチゴを味わいましたが、食べ比べると味が全然違って新鮮でした。お腹タプタプなんですけど、あと10分ぐらい食べたかったな(欲張りw)

チェキで記念撮影

案内をしてくれるお兄ちゃんは首からチェキをぶら下げており記念撮影をしてくれましたよ。

あぶりだしみたいw

チェキで記念撮影
チェキで記念撮影

そして首からミラーレスをぶら下げて、片手にスマホを持ち撮影しようとする私を見て映しましょうか?と声をかけてくださいました。友だち4人と写真を共有したかったので、スマホで撮影してもらいましたよ。

店舗名ファンファーミング 【かしも花市場】(いちご狩り)
所在地〒508-0421 中津川市加子母1361-24
電話番号0573-79-3601
駐車場駐車場あり店舗前
営業時間8:00~17:00
いちご狩りかしも花市場から車で3分
くりたん

加子母でイチゴ狩りが出来るなんて、ビックリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

西ちゃんchokobank
岐阜県中津川市在住ブログ歴15年のブロガー。元観光バスガイド。パンフレットやガイドブックに載っていないコト、他県や地元の人が中津川の魅力を再認識できるようなブログを目指しています。 2021年2月「びっくり なかつがわ」を開設。 旅行、自然、田舎、カメラ、食べ歩きを愛する50代。 詳しいプロフィールはコチラ