和菓子処一茶堂 ふるーつ大福 苺を使った春の和菓子【中津川市付知】

一茶堂ふるーつ大福
一茶堂ふるーつ大福

本日、ご紹介するのは中津川市付知町の和菓子処一茶堂ふるーつ大福のチラシを見て速攻でお店に向かいました。

和菓子処一茶堂のチラシ

下呂市と中津川市をむすぶ国道257号線沿いにある和菓子処一茶堂。駐車場は、お店の前と横に10台ほど停められます。

和菓子処一茶堂

イチゴの季節には絶対食べたい「ふるーつ大福」

苺のシーズンになると、和菓子屋さんに「苺大福」が並びます。和菓子処一茶堂は、「ふるーつ大福」を販売します。カタカナで「フルーツ大福」ではなく平仮名で「ふるーつ大福」です。

赤ちゃんのぷにぷにほっぺみたいだと思いませんか?

一茶堂のふるーつ大福

や・・やわらかい・・♡

ふんわり柔らかな「ふるーつ大福」の中には・・

ふんわり柔らかい羽二重餅の中には、自家製つぶ餡と自家製カスタードクリーム、ホイップクリーム、バナナ、苺が入っています。

一茶堂ふるーつ大福
一茶堂ふるーつ大福

切った瞬間、苺の香りが漂います。

ふるーつ大福」が「早く食べて」と急かされているような気分になります。

あぐっ!!・・(美味しぎて つい小声に・・w)

甘さ控えめな餡とイチゴのハーモニー

甘さ控えめな自家製餡とジューシーなイチゴ。モチモチとした羽二重餅が、包み込んでいたのは君たちだったのか!!!

一茶堂ふるーつ大福
ふるーつ大福

一口で味わったらモッタイナイ気分になりずっと食べていたくなります。(・・でも飲み込んでしまう・・w)

甘さ控えめの餡がイチゴの味をこれでもか!と引き立てています。餡の量が絶妙。

中に入っているバナナもカスタードもホイップも主張しすぎていないのです。

主張しすぎない計算され尽くした味

超有名な某店のフルーツ大福には、色々なフルーツが入っていました。その点、一茶堂のふるーつ大福は、バナナとイチゴだけなのに、主張しすぎていない(一茶堂のほうが美味しい!!)

なんでもかんでも詰めすぎるのではなく一茶堂に感じる引きの美学

極上の自家製カスタードクリーム

実をいうと私、カスタードが苦手なんですよね。でも一茶堂の自家製カスタードクリームは極上。

一緒に入っているホイップクリームをめちゃくちゃ引き上げている気がしました。

私の周りで、一茶堂のふるーつ大福を知らない友だちがいたら、絶対「食べてみて」とおすすめしたくなります。

ふるーつ大福の断面をキレイに切る極意

糸で和菓子を切ると断面がキレイな写真が撮れると聞いて、早速「ふるーつ大福」で試してみましたよ♪

イチゴじゃないところを切るとご覧のような断面になります。

ふるーつ大福の断面をキレイに見せる

次にイチゴめがけて糸で切ると、ご覧のような断面写真となります。

一茶堂ふるーつ大福
一茶堂ふるーつ大福

でも転がったw(いや~写真撮るの難しい)写真は、しっぱいしたけど美味しさは伝わって欲しい~

イチゴをめがけて切るのが秘訣

断面をキレイに見せる1番の秘訣は、イチゴをめがけて切ること!ただ羽二重餅に包まれているのでカンで探るしかありません。私は、3個目にして成功?しました。失敗を見越して3~5個買い求めると良いでしょう。

糸の長さは長すぎず短すぎず。

必殺仕事人「三味線屋の勇次」になったつもりで糸で切る

また、気持ちも大事です。三味線屋の勇次(中条きよし)になったつもりで躊躇なく鮮やかに切ります。あのBGMも口ずさむと良いですね。

「イチゴの場所を探る眼力」「力の入れ具合」、「スピード」、「向き」、「位置」、人間としての総合力が試されます。

和菓子処一茶堂の春限定の和菓子

春限定の花見団子が目に飛び込んできたので思わず買ってしまいました。

花見団子
一茶堂 春限定の和菓子
  • 中津川市の完熟イチゴを使った「いちご大福」
  • こぶりで弾力がある花見団子
  • 桜餅
  • 草餅
  • 姫苺
華やかな春の和菓子

大粒いちご「恋みのり」を使った「苺わらび餅」(100個限定品)

ところで、一茶堂のホームページを見ながら今日だけ限定の苺わらび餅が無性に食べたくなり再びお店に車を走らせました。

(18:30閉店の一茶堂に到着したのが18:00頃)

ちょうど店主と思しき男性があらわれたので「苺わらび餅はありますか」と聞いたところ、「午前中で売り切れてしまった」とのこと。

中津川市福岡のイチゴ農家から取り寄せた恋みのりというイチゴを使って100個限定で販売したそうです。店主と思われる男性は、わらび餅をこねる動作をまじえて「わらび餅を作るのは、力のいる作業で今年初めて作ってみた」と仰っていました。

買いそびれたのは残念でしたが、実際作っているご本人とお話できたので良かったですよ。

苺わらび餅買えなかったので ふるーつ大福を代わりに買ってきた

和菓子処一茶堂の店舗情報【中津川市付知町】

店構えは、それほど大きくありません。お店に並んでいる和菓子は、昔ながらの製法で全て手造りだそうです。食べたとき思わず「優しい味だな」と思ったのは、そのせいかもしれません。

栗きんとんの木の看板
店舗名和菓子処一茶堂
所在地〒508-0351 中津川市付知町10201-1
電話番号0120-82-4389
定休日月曜日(連休、祝日は営業)
営業時間8:30~18:30
WEBサイトhttp://issado.jp/
駐車場駐車場10台有り
支払い

和菓子処一茶堂へのアクセス

和菓子処一茶堂は、中央道中津川インターチェンジから下呂方面へ車で(23km)30分ほど走ると国道256号線沿いにあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US
    西ちゃん中津川ブログを運営している元バスガイド。Googleローカルガイド、地元ライター
    岐阜県中津川市在住ブログライターで出身は飛騨高山。元観光バスガイドがパンフレットやガイドブックより詳しく地元の魅力を発信中。 2021年2月「びっくり なかつがわ」を開設。 旅行、自然、田舎、カメラ、食べ歩き、コーヒーを愛する50代。 詳しいプロフィールはコチラ